0

仮想通貨の採掘をバックグラウンドで行うツールを同梱するフリーウェアが登場

2018年3月14日 15時54分

無料で配布されるフリーウェアから収益を上げる手法として、古くから広告表示や無関係なソフトウェアやマルウェアをインストールさせてアフィリエイト収益を得るといったものがあるが、新たに仮想通貨をバックグラウンドで採掘させるという手法が登場したようだ。窓の杜によると、Windows向けの動画キャプチャーツール「oCam」のインストーラに仮想通貨「Monero」をマイニングするツール「BRTSvc」が同梱され、デフォルト設定ではこのツールがインストールされる仕様になっているという。

このツールはWindowsのタスクスケジューラ経由で自動的に起動されるが、ウィンドウやタスクトレイアイコンなどには一切その痕跡は表示されないという。さらに、少なくない量のCPUパワーを使用し、スリープ状態への移行の妨害なども行うようだ。BRTSvcはセキュリティソフトによる検出対象にもなっているとのこと。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | ITセクション | ソフトウェア | IT | お金

関連ストーリー:
SourceForge、批判を受けて「無断でのアドウェア入りインストーラ配布」を中止へ 2015年06月02日
µTorrent、バンドルした暗号通貨採掘プログラムをユーザーに無断でインストール? 2015年03月08日
Windows用人気オンラインソフト10本をデフォルトのオプションでインストールしたらどうなるか 2015年01月17日
Download.com、フリーソフトにアドウェアを同梱して配布 2011年12月08日
Google、6月より仮想通貨に関連する広告の取り扱いを禁止 2018年03月16日
中国の仮想通貨「MOE COIN」、日本のアニメ・漫画業界関係者の名前を勝手に使用して宣伝 2018年03月14日
プレミアム機能と引き換えに暗号通貨を採掘する無料アプリがMac App Storeで公開されていた 2018年03月16日

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「仮想通貨の採掘をバックグラウンドで行うツールを同梱するフリーウェアが登場」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!