0

iPhone Xゴールドが発売予定だった?米FCC提出文書で写真公開

2018年4月16日 12時05分 (2018年4月17日 13時26分 更新)
米連邦通信委員会(FCC)が公開した資料から、アップルが2017年にiPhone Xゴールドモデルのリリース準備を進めていたことが明らかとなりました。

スマートフォンのメーカーが新たなデバイスをリリースするさい、その情報をFCCと共有することが義務付けられています。問題の文書が提出されたのは2017年9月、ちょうどiPhone Xの発表会の前後でした。

おなじみノッチや縦に並んだデュアルカメラはiPhone Xそのもの、色合いもiPhone 8/8 Plusのゴールドに近いことからから「iPhone Xゴールド」のプロトタイプと推測されています。
他の文書によると、アップルは2017年7月にFCCへの提出を準備しており、問題の写真はiPhone X発表の数ヵ月前に撮られていたと示唆されています。FCCに提出された文書のうち、機密情報や製品の外見写真などは6ヵ月間の機密保持条項が適用され、公開をずらす必要があったようです。

文書が提出されたタイミングを考えれば、アップルはシルバー/スペースグレイ/ゴールドの三色構成を予定していたものの、何らかの理由によりゴールドの棚上げを余儀なくされたと考えられます。

iPhone Xの正式発表前には、この三色構成を予測するうわさがいくつか流れていました。アップル製品関連の予測で知られるKGI証券アナリスト Ming-Chi Kuo氏もその一人です。ただし、Kuo氏はゴールドモデルが生産上の問題を抱えているため「極めて少量」しか発売されないとした上で、ほか2色の後に発売される可能性を予測していました。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!