4

【製品速報】速さは7200rpm HDDの10倍、キングストンのUV500ファミリーラインSSD製品

2018年4月17日 12時20分 (2018年4月18日 17時54分 更新)

UV500ファミリーラインのSSD製品

[拡大写真]

 台湾キングストンテクノロジーは4月17日、UV500ファミリーラインSSD製品の出荷開始を発表した。複数のフォームファクタを備えた同社初の3D NAND対応SSDで、フルディスク暗号化を搭載しているほか、Marvell 88SS1074コントローラを採用。3D NAND Flashと組み合わせることで、最大で520MB/秒と500MB/秒の読み取り/書き込み速度を達成している。この速さは、7200rpm HDDの10倍に相当する。

 AES 256ビットの暗号化によって機密データを保護し、TCG Opal 2.0をサポート。2.5インチ、M.2 2280、mSATAの3種類のフォームファクタを用意し、さまざまなクライアントシステムに対応する。ブートドライブやプライマリストレージなどに適しており、120GB、240GB、480GB、960GB、1920GBの容量を選択できる。
【関連記事】
SSD市場の成長を阻害するGB単価の上昇
キングストンテクノロジー、ワイヤレスリーダー「MobileLite Wireless」、SDカードやUSBメモリに対応
SSD選択のポイント PCのストレージを手軽に大容量&高速化
SSDの上半期No.1はサンディスク、ラインアップ強化でシェア拡大
売行き好調のSSD、販売台数上半期トップはサンディスクが濃厚

コメント 4

  • 匿名さん 通報

    最近は速さや量よりもタフさを求めてます。壊れたら終わりですので。

    2
  • 匿名さん 通報

    そんな大容量あっても用途がない・・・。

    1
  • 匿名さん 通報

    まぁ、HDDは壊れると処分に困る。DVDメディアは叩けば割れるけどバラバラと廃棄が面倒。SSDなら比較的パーツも重量も少ないので廃棄処分は楽かもね~

    1
  • 匿名さん 通報

    仕事用PCにはなるべく保存せず、代わりに1TB SDDのUSBストレージに保存するようにしていますが、HDDと違ってある程度の高さから落としても大丈夫という安心感は尋常では無いです

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!