0

世界スマートホームデバイスは前年比27.6%増に、IDC Japanが発表

2018年4月17日 13時46分
 調査会社のIDC Japanは4月17日、コンシューマ向けスマートホームデバイス市場に関する市場予測を発表した。2017年、全世界のスマートホームデバイスの出荷台数は前年比27.6%増の4億3310万台だったという。

 IDCでは、今後の年間平均成長率(CAGR)として18.5%と予測。2022年には、出荷台数が9億3970万台に達する見通しとしている。スマートホーム市場で最も成長率が高いのは、引き続き「Amazon Echo」「Google Home」などのデバイスを含むスマートスピーカー。このほか、ビデオエンタテインメント製品を除いて2ケタのCAGRになると予測している。
【関連記事】
国内ウェアラブルデバイス出荷台数は3.8%増の24万2000台、IDC Japanの調査から
IDC Japanの3Dプリンタ市場分析予測、造形材料と関連サービスが伸びる
クラウドPCはIoTの入り口、日本HPが学生コミュニティ立ち上げ
IDC Japan、カラー化進むレーザープリンタ、2010年の市場は右肩上がり
IDC、2011年10~12月の国内携帯電話出荷台数実績、アップルが国内市場シェアで初めてトップに

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「世界スマートホームデバイスは前年比27.6%増に、IDC Japanが発表」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!