0

欅坂46、織田奈那初主演作品「未来のあたし」国際短編映画祭にノミネーション! “徳誰”豊島監督メガホンで

2018年4月17日 00時04分 (2018年4月18日 01時15分 更新)

欅坂46の織田奈那さん(左)と櫻井淳子さん(右)

[拡大写真]

 女優の櫻井淳子さんと「欅坂46」メンバーの織田奈那さんがW主演する作品「未来のあたし」が国際短編映画祭“ショートショート フィルムフェスティバル アジア2018”に入選、ノミネーションされました。織田さんはショートフィルムでの主演は初。

 メガホンを取るのは織田さんや欅坂46のメンバーが初出演したドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」(テレビ東京系列)で監督を務めた豊島圭介さん。2018年初頭に豊島監督と織田さんの共通の故郷である静岡県浜松市で撮影が行われました。

 物語は櫻井淳子さんが演じる家庭持ちでバリバリ働く46歳のキャリアウーマンが、過去にタイムスリップし、高校時代の自分に出会うというもの。現在19歳の織田さんが櫻井さんの高校生時代役を演じます。

 普段はグループでの活動が多いこともあり、リハーサル時には心細さや緊張で演技に硬さもあったという織田さんですが、豊島監督や櫻井さんのリードでしっかりと役作りをして本番に望んだとのこと。

 「自分が参加させていただいた作品がノミネーションされたことはとっても嬉しいですが、まだ自分のことじゃないみたいでとても驚いています。あまり演技の経験がないので他の方からみて、自分の演技がどのように映るの分かりませんが、全力で頑張ったので何か感じて頂けたら嬉しいです」と初々しいコメントを寄せています。

 また演技をすることについては「自分の演技を客観的にちゃんとみたのは初めてだったので少し恥ずかしかったです。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!