0

Trancend、各種メモリカードの保証期限を無期限から5年に変更

2018年4月17日 14時28分

ストレージ関連製品などを手がけるトランセンドジャパンはSDカードやUSBメモリなどのフラッシュメモリ系ストレージについて「永久保証」をうたっていたが、今後これを取りやめて5年保証に切り替えるという(ITmedia)。

すでに販売済みの製品や市場に出回っている「無期限保証」の製品については無期限保証が継続されるが、今後販売する製品については保証期間が5年になるとのこと。理由としては「競争の激化・製品自体の販売サイクル短期化」とされている(同社の発表)。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | ハードウェアセクション | ハードウェア | ストレージ

関連ストーリー:
エンタープライズ向けSSDにおいては、SLCはMLCよりも信頼性が高いというわけではない 2016年03月03日
メモリーカードを保存メディアに選ぶ危険性 2016年01月01日
東芝が48層構造を持つメモリ半導体「3次元フラッシュメモリ」を開発 2015年08月08日

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「Trancend、各種メモリカードの保証期限を無期限から5年に変更」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!