0

チケットぴあ、チケットの再販、分配、引取を行うサービス「Cloak」を開始

2018年4月19日 17時27分

チケットぴあが購入したチケットを会員内で分配・リセールできるサービス「Cloak」をリリースする(チケットぴあのヘルプページITmedia)。

これを利用することで、同行者にチケット発券の権利をネット上で渡し自分で発券して貰うことができるほか、購入していたチケットを1枚単位でリセールできるようになる。なお、今まではチケットの購入後に発券場所を指定できたが、このサービスの開始後はチケット購入時に発券場所を指定するよう変更されるとのこと。

このサービスはあくまで利用者の利便性向上のためのサービスで、転売を防ぐためのものではないという。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | ITセクション | ビジネス | IT

関連ストーリー:
チケットぴあで飲食店の予約権を販売する試み 2018年01月11日
チケットキャンプ、サービス終了 2017年12月27日
チケットのネットでの高額転売を規制する法案がまとめられる 2017年12月05日
ヤフオク!、転売目的のチケット出品を禁止するよう規約を改定 2017年11月09日

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!