0

「漫画村」のロゴ入り漫画、Amazon Kindleストアで無断販売される 集英社「至急対応する」

2018年4月23日 13時12分 (2018年4月24日 16時55分 更新)

無断販売されていた作品のページ

[拡大写真]

 Amazon.co.jpの電子書籍売買プラットフォーム「Kindle」において、集英社の漫画の最新巻が海賊版サイト「漫画村」のロゴを付した状態で無断販売されていたことが明らかになりました。集英社広報部は「ただいま把握したところで、もちろん正規版ではありません。関連部署に問い合わせるなど至急対応します」と今後の対応について答えました。

 無断販売されていたのは、人気作品『ゴールデンカムイ』(野田サトル)の最新13巻。正規版の発売日から1カ月遅れとなる4月20日から販売されており、価格は400円と定価の527円よりも安く設定されていた他、定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」にも配信されていました。ページの開き方も、本来の左開きではなく右開きになっています。

 「漫画村」の掲載作品と同じように、電子書籍のページには右下や左下に「漫画村」の文字やマスコットキャラのイラストがところどころ入っています。販売元は集英社ではなく「Amazon Services International,Inc.」となっていることから、電子書籍を無料で自主出版できるサービス「Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング」(KDP)を使って、何者かが「漫画村」にあった海賊版データをKindleで販売したものとみられます。

 Amazon.co.jpでは過去にも、GMOインターネットグループから流出した個人情報がKDPを使って電子書籍として無断販売される事案が発生していました。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!