0

ついにLGも乗ってしまったスマホのノッチは、今やステータスシンボルに

2018年5月3日 20時00分
[Engadget US版より(原文へ)]

好むと好まざるとに関わらず、最新スマートフォンのノッチデザインは定着の様相を見せつつあります。Essential PhoneとiPhone Xがノッチを一般大衆に広めてから、ファーウェイ、ASUS、OPPO、Vivoといった他のメジャーなブランドもそれに追従しました。最後にこの仲間に加わったのが、他ならぬLGのG7 ThinQでした。LGは(そしてHTCでさえ)、ノッチが登場するまでは2画面のアイデアに傾いていただけに、それを見るのは心が痛むことを認めざるを得ません。LGには、このトレンドに乗っかる十分な理由がありました。みんな大好きだからです。それは数字が示しています。

G7開発の初期段階で、LGは、アメリカ、イギリス、イタリア、韓国で1000人以上の人たちを対象にアンケート調査を行っています。対象者たちには、ちょっと画面のデザインが異なる初期のモックアップを数台見せたのですが、ノッチ付きのものに関しては、嫌いだと答えた人は30パーセントに過ぎませんでした。残りの人たちは、ノッチについて「好き」または「どちらでもよい」と答えています。

LGの商品企画責任者であるShintae Hong氏は、冗談交じりにこう話しています。「嫌いだと言う人もいます。私のような男のハゲ頭みたいだってね」。そしてこうも言っています。「クールだと言う人もいます。まったくもって、これは好みの問題なんです」

Hong氏は、ノッチ付きのデザインのリスクについても理解していたと話しています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!