0

「Microsoft Store」アプリの開発者収益配分を95%に

2018年5月8日 20時37分 (2018年5月9日 20時30分 更新)

現在のアプリ開発者契約

[拡大写真]

 米Microsoftは5月7日(現地時間)、年次開発者会議「Build 2018」の開催に合わせてWindowsのアプリストア「Microsoft Store」で販売するアプリの開発者側の収益配分を95%に上げると発表した。ただし、ゲームは従来通りの配分(70%)のままだ。新配分の開始は「年内」という。

 アプリ開発者契約によると、現在はアプリの収益配分は70%、アプリ内課金の収益配分は85%だ。

 これが、アプリアプリ内課金も95%になる。なお、Microsoftの何らかの紹介(Microsoft Storeの「おすすめ」など)経由で売れた場合は85%になる。

 米AppleのApp Storeはアプリおよびアプリ内購入は70%、サブスクリプションの場合は1年後に85%になるシステム。米GoogleのGoogle Play Storeも、アプリおよびアプリ内購入の開発者配分は70%、サブスクリプションは1年後に85%になる(2018年1月1日より)。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!