0

【会見速報】ドコモ2018年夏モデルは11機種、AIサービスの提供も

2018年5月16日 13時03分

ドコモが2018年夏モデル11機種を発表

[拡大写真]

 NTTドコモは5月16日、2018年夏モデルのスマートフォン(スマホ)11機種のラインアップを発表した。また、dポイントによるポイント投資サービスとロボアドバイザーによる資産運用サービス「THEO+ docomo」や、AIエージェントサービス「my daiz」の提供を開始する。

 新端末のラインアップは、スマホが「Galaxy S9(SC-02K)」「Galaxy S9+(SC-03K)」「arrows Be(F-04K)」「XperiaTM XZ2(SO-03K)」「AQUOS R2(SH-03K)」「XperiaTM XZ2 Compact(SO-05K)」「LG style(L-03K)」「HUAWEI P20 Pro(HW-01K)」「XperiaTM XZ2 Premium(SO-04K)」「TOUGHBOOK(P-01K)」の10機種、タブレット端末が「dtab Compact(d-02K)」の1機種となっている。
 また、dポイントで投資ができる「THEO+ docomo」は、初心者でも投資しやすいよう設計した。5月30日から提供開始するAIエージェントサービス「my daiz」は、パートナー企業と連携して、ユーザーのニーズにあった情報を適切なタイミングで提示する。
 製品発表会で登壇したNTTドコモ吉澤和弘代表取締役社長は、「今回のテーマは、『For ALL』。皆様の想像を超えて感動をお届けする。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「【会見速報】ドコモ2018年夏モデルは11機種、AIサービスの提供も」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!