0

「世界最高を目指した」高音質BTスピーカーをOlasonicが発表。LDACとaptX HD両対応

2018年5月17日 14時45分
スピーカーブランドOlasonicは、Bluetoothステレオスピーカー「IA-BT7」を発表しました。

ソニーの高音質コーデック「LDAC」と、Qualcomm「aptX HD」の両方に対応。中央に大口径サブウーファを1基、左右にスピーカーユニットを各1基搭載し、背面には重低音強化のためのパッシブラジエータを装備する高級モデルです。
キャビネットは木製で、カラーリングはウォルナットとシルクホワイトの2色展開です。

「Olasonic」は東和電子株式会社が2010年より展開してきたブランドでしたが、2017年10月に半導体検査装置の開発・生産事業を行う株式会社インターアクションに事業を譲渡しており、IA-BT7は事業譲渡後の「新生Olasonic」製品第一弾という位置付け。

インターアクションとしても、初のBtoC向け商品となります。スマートフォンやタブレットで再生可能な映像・音声コンテンツを高画質で楽しむことを念頭に置きつつ、スマートスピーカーとの接続で高音質なアウトプットを担う使い方も提案。

通信方式はBluetooth 4.2でNFCに対応。プロファイルはA2DPとAVRCP、対応コーデックは先述のLDACとaptX HDのほかSBC、AAC、aptX。ステレオミニジャックの音声入力端子を備えています。

外形寸法は275×144×65mm。重量は2200g。内蔵電源は非搭載でAC入力のみ。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!