0

風刺画「顧客が本当に必要だったもの」、アナログゲーム化

2018年5月17日 07時00分

風刺画「顧客が本当に必要だったもの」が有志によってアナログゲーム化された(ITmedia)。

5月5、6日に開催されたアナログゲームイベント「ゲームマーケット」にて頒布されたもの。『稀代の風刺画「顧客が本当に必要だったもの」がアナログゲーム化?!』『システム開発の象徴「ブランコの木」を仲間とともに作り上げろ!』『顧客たちが繰り出すメチャクチャな要求をいなしつつ、やった感をアピールしろ!』などと説明されている。顧客による要求(「要件カード」)を満たすように、ブランコの木を「成果物カード」を使って組み立てるという内容になっている。

ゲームマーケットでは完売となり、現在再販準備中だそうだ。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | おもちゃ

関連ストーリー:
月間ムー公認・オカルトかるた登場 2015年05月07日
五輪に向けた新国立競技場改築計画の問題点 2013年10月21日
ニコニコ本社でアナログゲームチャンピオン決定戦開催 2013年09月04日

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「風刺画「顧客が本当に必要だったもの」、アナログゲーム化」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!