0

スマートキー車でエンジン停止忘れによる一酸化炭素中毒が起こるリスク

2018年5月17日 08時00分
maia 曰く、

キーのボタンでエンジンを始動できるスマートキー(インテリジェントキー)の車で、エンジンの停止忘れによる一酸化炭素中毒の死者が2006年以降、米国で少なくとも28人にのぼっているという(CNN)。

エンジンが停止していない場合は警告音を出すとか(メーカーによっては装備済み)、長時間のアイドリングは止めちゃうとか、安全装置の仕組みは色々考えられそうだが、スマート化によって便利になったのかハイリスクになったのか……。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | セキュリティセクション | セキュリティ | 交通

関連ストーリー:
BMWを盗んだ泥棒、遠隔からの位置追跡機能とドアロック機能によって捕まる 2016年12月08日
三菱自動車のアウトランダーPHEVでリモートコントロール機能にセキュリティ上の問題 2016年06月09日
RFパルスを発信して自動車を停車させる装置 2013年12月06日
BMWの電子キーシステムがクラックされ盗まれる事件が相次ぐ 2012年09月19日

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「スマートキー車でエンジン停止忘れによる一酸化炭素中毒が起こるリスク」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!