0

Kaspersky Lab、主要な設備をスイスに移転する計画

2018年5月17日 14時44分
headless曰く、

Kaspersky Labは15日、同社の主要な設備をロシアからスイス・チューリッヒへ移転する計画を発表した(プレスリリース詳細情報)。

これは同社が昨年10月に発表した透明性への取り組み強化「Global Transparency Initiative」の一環で、中立国としての長い歴史やしっかりとしたデータ保護法制を持つスイスを移転先に選んだという。

米政府はカスペルスキー製品がユーザーから収集するマルウェアサンプルなどがロシアへ送られることに強い懸念を示しているが、今後データの保存場所はチューリッヒのデータセンターに変更される。また、各国の政府関係者などがカスペルスキー製品のソースコードやマルウェア検出ルールなどを確認できるようにするTransparency Centerを設置し、製品やマルウェアデータベースのビルド・署名はスイスで実行されるようになる。第三者の非営利組織による監督も行われるとのこと。

製品やマルウェアデータベースのビルド・署名は2018年末までに、欧州・北米・シンガポール・オーストラリア・日本・韓国のユーザーから送られたデータの保存・処理は2019年末までにスイスに移動する。その他の国や地域のユーザーデータについても順次スイスへ移動するという。Transparency Centerは年内にスイスでオープンするほか、2020年までにはアジアや北米にも設置する計画とのことだ。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | セキュリティセクション | ビジネス | セキュリティ | 政治 | アメリカ合衆国

関連ストーリー:
Twitter、カスペルスキーの広告を拒否。同社は具体的な理由を説明しないTwitterを批判 2018年04月25日
カスペルスキー、米国土安全保障省を提訴 2017年12月24日
Kaspersky Lab、NSAの機密情報流出に関する調査結果を発表 2017年11月19日
ロシアKaspersky、製品に対する不信を払拭するための取り組みを発表 2017年10月26日

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!