0

Microsoft、Sandy Bridge世代以降のIntelプロセッサーに対応するマイクロコードアップデートを提供開始

2018年5月19日 17時18分
Microsoftがバージョン1803(April 2018 Update)のWindows 10/Server向けに、IntelプロセッサーのSpectre Variant 2 脆弱性を修正するマイクロコードアップデートを提供開始した(KB4100347Neowinの記事On MSFTの記事)。

Microsoftでは既にバージョン1709(Fall Creators Update)向けのマイクロコードアップデート(KB4090007)をMicrosoft Updateカタログで提供しているが、現在のところ第4世代CoreプロセッサーなどHaswell世代以降の対応となっている。一方、KB4100347では第2世代CoreプロセッサーなどSandy Bridge世代以降に対応する。

KB4100347は当初、Windows UpdateとMicrosoft Updateカタログで配信され、自動更新が有効になっていれば自動で適用されると説明されていた。Windows Updateに関する説明はその後削除されたが、さらに更新されて設定アプリの「更新とセキュリティ→Windows Update」で「更新プログラムのチェック」を実行するように指示する内容が追加されている。また、WSUSからもインストールできるようになったとのこと。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | セキュリティセクション | セキュリティ | マイクロソフト | Intel | Windows

関連ストーリー:
Intel、古いプロセッサーでのSpectre 2対策をあきらめる 2018年04月07日
Intel CEO、Spectre/Meltdown脆弱性を解決するシリコンベースの修正内容を説明 2018年03月18日
Microsoft、3月のWindows 10向け月例更新でAVソフトウェアの互換性チェックを撤廃 2018年03月18日
Intelのマイクロコードアップデート、Microsoft Updateカタログで提供開始 2018年03月03日
IntelによるSpectre対策のアップデート、Core iシリーズのほぼ全世代で不具合が出る可能性 2018年01月22日
本来アクセスできないメモリ領域のデータを読み出せる可能性がある脆弱性が見つかる、多くのCPUに影響 2018年01月04日

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「Microsoft、Sandy Bridge世代以降のIntelプロセッサーに対応するマイクロコードアップデートを提供開始」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!