0

高度3900メートルからダイブ、室内スカイダイビング施設にVR

2018年5月24日 19時00分

室内スカイダイビング施設を展開する「iFLY」は、VRを導入することを発表しました。28の施設で、プロのスカイダイバーの視点からVRスカイダイビングを体験することができます。

米国を中心に展開する「iFLY」は室内でスカイダイビングを楽しめる施設です。専用の設備が作り出す気流により、体験者は一定範囲を自由に飛び回れる仕組みとなっています。

今回同社が導入する予定の新しいVR版では、体験者はVRヘッドセットとヘルメットをかぶり、飛行機からリアルなフリーフォールの世界へ飛び出します。プロのスカイダイバーと同じ視点から、景色を安全な環境で楽しむことができます。

iFLYのCEOであるDave Kirchhoff氏は「VR飛行体験というアイディアは、20年以上も当社の夢でした。しかし、なかなか技術が追いつきませんでした。今回、我々はVRを使って、夢の飛行体験をこれまでにないほどリアルで実感のあるものにし、iFLYの可能性を広げていきたいです」と話しています。

iFLYのVR体験では、高度13,000フィートから飛び立つ体験が出来ます。VRによってよりリアルで没入感のある、新しいレベルのスカイダイビングが実現されました。

VR体験は8歳以上から、トレーニングコースを行ったうえでの体験となります。詳細は公式ウェブサイトから確認できます。

(参考)VRFocus
Mogura VRはVRFocusのパートナーメディアです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「高度3900メートルからダイブ、室内スカイダイビング施設にVR」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!