0

ISSの船外活動にGoProを持って出た宇宙飛行士、SDカードを入れ忘れて撮影できず

2018年5月24日 18時46分
headless曰く、

国際宇宙ステーション(ISS)で16日、NASAのドリュー・フューステル宇宙飛行士とリッキー・アーノルド宇宙飛行士による船外活動が実施された。フューステル宇宙飛行士は作業の合間にGoProを使用した撮影を計画していたのだが、SDカードを入れ忘れてしまったようだ(ScienceAlertRegister動画)。

船外活動中、フューステル宇宙飛行士はヒューストンのバリー・ウィルモア宇宙飛行士にGoProの質問をする。「ボタンを押すと"No SD"と表示されるのはどういう意味だろう。録画に必要という意味か?録画中は赤いランプが光るはずでは?」とフューステル宇宙飛行士。

長い間があき、本来の任務を遂行中のアーノルド宇宙飛行士の作業内容に関する通信が優先される。話がGoProに戻ってからの会話は以下のような内容だ。

バリー:カードが入っていて撮影中なら赤いランプが光ると聞いた

ドリュー:じゃあ"No SD"と言われたら、どういう意味だ?

バリー:カードがないという意味だと思う。ちょっと待て、確認する

—間—

ドリュー:これはしまっておいたほうがいいかな

バリー:(すかさず)それがいい!

撮影は結局できなかったが、船外活動自体は無事に成功した。次回の船外活動は6月14日。今回と同じ2名で実施する予定となっている。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | idleセクション | 国際宇宙ステーション | idle

関連ストーリー:
国際宇宙ステーション内で飛び回るボール型ロボット 2017年08月04日
GoProが同社製カメラを搭載できるドローン「Karma」を発表 2016年09月21日
小型のカメラ用電動スタビライザー市場が開けつつある 2015年11月16日
NASAの観測衛星「ディスカバー」、地球を横切る「月の裏側」の撮影に成功 2015年08月14日

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「ISSの船外活動にGoProを持って出た宇宙飛行士、SDカードを入れ忘れて撮影できず」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!