0

NASAの系外惑星探査衛星「TESS」から、20万個の星を捉えた初画像が到着!

2018年5月26日 20時00分
Image: NASA トランジット系外惑星探索衛星(TESS)が撮影した、初の画像

20万個の星による、圧倒されるようなボリューム感。

地球を周回する軌道へと向かっているNASAのトランジット系外惑星探索衛星「TESS」が、月の重力を使ってフライバイに成功し、1枚目となる宇宙の画像を送ってくれました。 300光年先にある20万個以上の星を観測できると言われているTESSが撮影した写真の全体像をどうぞ。

Image: NASA 膨大な数の星々

この画像だけでも結構な領域をカバーしていますが、これはTESSが系外惑星を探査する旅で撮ることになる領域のたった400分の1に過ぎません。

NASAのプレスリリースによれば、TESSはまだ最終軌道に入っていません。地球の周りを行く楕円形の軌道に到達する前に、あと1回スラスターを使って軌道を修正します。その細長い軌道に入れば、もっと幅広い領域を撮影できるようになり、6月にはデータを取り始めるとのこと。

TESSは弱まったり輝いたりする光のパターン(恒星の前を横切る離れた惑星の存在を示す)を見つけるために宇宙空間を見渡し、4つの広角カメラで近傍の星を調べます。前任のケプラーよりも明るい星を観測でき、その「ハビタブルゾーン(液体の水が存在すると考えられる領域)」に発見されているTRAPPIST-1(トラピスト1)やプロキシマ・ケンタウリのようなほの暗い赤色矮星も捉えることができます。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「NASAの系外惑星探査衛星「TESS」から、20万個の星を捉えた初画像が到着!」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!