0

iPhoneにも「侵入」できる中国製スキャナー

2018年6月11日 14時24分
maia曰く、

北京での国際警察装備品展示会において、スマートフォンに侵入してデータを読み取る中国製の「スキャナー」が展示されていた。こうした機器は西側含めて珍しいものではないそうだが、このスキャナーはiOSに強いという(ニューズウィーク)。

一般にiPhoneは最も安全と言われ、イスラエルと米国の数社しか侵入できないと報じられているが、北京の展示会では複数の会社が、iOS 6からiOS 8.1まで、4ケタのパスワードを破ることができると主張していた(実演はしなかったそうだが)。iOS 10については研究中としている。

こうしたブラックテクノロジー(黒科技)に中国は熱心に取り組んでいるそうで、すでにTwitterやFacebookのアカウント情報の窃取が可能だという。こうしたハッキングの技術が中国の「民間」で競いあって開発され、それらが展示会において公開されている状況である。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | セキュリティセクション | セキュリティ | 携帯電話 | 中国

関連ストーリー:
iOSにおけるUSB接続制限機能、iOS 12でついに導入か 2018年06月09日
米捜査機関では遺体の指を使用したiPhoneのアンロック試行が一般的になりつつある 2018年03月25日
最新のiPhone/iOSもアンロック可能な「GrayKey」とは? 2018年03月20日
ビル・ゲイツ曰く、テクノロジー企業は自ら政府の介入を招いている 2018年02月16日
銃乱射事件犯のiPhoneロック解除を巡り再び騒動に 2017年11月25日

「iPhoneにも「侵入」できる中国製スキャナー」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!