0

新たなARデバイス登場、2019年には150度の広視野角目指す

2018年6月13日 12時12分

透過性の導光板ディスプレイ技術を持つAR企業DigiLensは、ハンドトラッキングの機能を備えた広視野角ARデバイス「AR HUD」のリファレンスモデルを開発しています。同社はこのデバイスを、5月30日から開催されたAWE USA 2018にて発表しました。

27億円の資金調達にも成功、開発進める

ARデバイスへの関心の高まりを背景に、同社は先月シリーズCラウンドで2,500万ドル(約27.5億円)の資金調達に成功。強みとする低コストでの導光板ディスプレイ開発を進めています。

DigiLensが直近で注力しているのは、自動車向けやウェアラブルのHUD(ヘッドアップディスプレイ)です。しかし長期的な計画として、広視野角で没入感を高めたARデバイスの実現にも力を入れています。これが今回発表したリファレンスモデル「AR HUD」です。

次年は視野角150度のARヘッドセットを狙う

同社の設立者でありCTOのJonathan Waldern氏は、AWE USA 2018でこのARデバイスを披露し、米メディアRoad to VRの取材に応じました。

AR HUDは視野角50度と、他社のスマートグラスに比較して広い視野角を誇っています(例えば、マイクロソフトのMRデバイスHoloLensの視野角は35度程度と言われています)。これにより、体験中に左右の境界が気になることを減らし、没入感を高めています。Waldern氏によれば、同社はさらにこの視野角を80~90度まで拡大、2019年には視野角150度のARヘッドセットのリファレンスモデルを計画しています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「新たなARデバイス登場、2019年には150度の広視野角目指す」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!