0

「10年以内に治療中のVRは当たり前に」フランスで痛み緩和にVR活用

2018年6月13日 16時00分

患者の痛みや恐怖を和らげるために、医療現場でのVR活用が広がっています。Mogura VRで過去に取り上げた中でも、VRコンテンツを患者に視聴してもらう臨床研究や、小児科で使う医療用VRゲームの開発など多くの事例があります。

フランスのある病院では、救急処置室にいる患者をVRでリラックスさせ、鎮痛剤を使わずに痛みを緩和する試みが行われています。

VR空間に没頭し、痛みを和らげる

フランスのセント・ジョセフ病院で行われているこの取り組みは、非常にシンプルです。患者はVRゴーグルを着け、穏やかに雪の降る丘の中腹や、日本の寺の庭園へ。脱臼や怪我を処置する痛みに耐える代わりに、素晴らしい音と景色を備えたVRで気を紛らわせます。

今後10年で、治療中のVR利用は「当たり前」に

同病院の救急部門トップであるOlivier Ganasia医師は、VRを治療で使うことは「催眠」のようなものだと言います。Ganasia医師は「VRを使うことで、治療中に患者の気を紛らわせ、痛みや不安を抑えることができます。私の考えでは、今後10年の内に、VRを治療中に使うのは当たり前のことになるでしょう」と話しています。

現時点でのVRを使った治療は実験的な段階で、さらに研究が必要とされています。正しく使用されているかの検証や、プラセボ効果(本来は薬効がないのに、思い込みにより症状が改善する効果)の可能性を排除しなければなりません。

しかしすでに、VRは人の気を紛らわすために役立つだけでなく、神経システムの痛みへの反応を変えてしまう、ということも分かってきています。

(参考)Engadget

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「「10年以内に治療中のVRは当たり前に」フランスで痛み緩和にVR活用」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!