0

Leap Motionのトラッキングが強化、認識精度などアップ

2018年6月13日 11時30分

手と指をトラッキングするセンサー「Leap Motion」を開発・販売する米国のLeap Motion社は、トラッキング技術のアップデートおよび開発者向けツールの改善を発表しました。ベータ版がWindows向けに公開されています。また、トラッキング技術を使った3本のデモも併せて公開しました。

Leap Motionの歩み

Leap Motionは2010年創業。当時はPC用のモーションコントローラー「Leap Motion Controller」を開発していました。このコントローラーは机の上にセンサーを設置し、その上で手を動かすと手の動きでPC等の操作ができる、というものでした。2012年に発売され、2018年現在も国内外で販売されています。

その後同社はVRヘッドセット向けデバイスとしての可能性を模索するべく路線を変更、VR向けのハンドコントローラーとして展開しています。VRヘッドセットの前面に「Leap Motion Controller」を装着することで、手にコントローラーを持つことなく、VR内でで手を動かすことができます。

2016年にはVRに特化したソフトウェアプラグイン「Orion」を公開。同社の強みがソフトウェアにあることを証明しています。Orionは、VRヘッドセットと使用することを念頭に設計されたハンド・トラッキングエンジンです。これまでよりも低遅延で速く、正確で、トラッキング範囲も広くなったこと売りにしています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「Leap Motionのトラッキングが強化、認識精度などアップ」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!