0

覆面パトカーでもマル暴刑事だとすぐバレる理由

2018年6月13日 17時05分

警察のコワモテ集団・組対4課といえば、ヤクザと対峙する通称「マル暴刑事」のこと。マル暴刑事の中には、パンチ・坊主・ヒゲなど一般的な警察の服制規程から大きく外れている人もいます。元警視庁組織犯罪対策部の刑事だった江藤氏(仮)に、マル暴刑事の捜査や服装について解説してもらいました。


マル暴刑事が2人1組で張り込み

マル暴刑事が組員関係を張り込み捜査する時、対象を監視できる家屋から張り込むことがほとんど。それは、マル暴が覆面パトカーで張り込んでいると、ヤクザ風の服装から目立ってバレやすいというのが理由です。

マル暴刑事も張り込みは必ず2人1組で行います。運転席と助手席に男2人が座っていたらさすがに怪しいので、車内の前後に分かれて見張りますが、それでもすぐに「ヅク(気づく)」というのです。

理由としては、覆面パトカーにアンテナが付いていたりと、捜査用車両とバレバレなのもあります。あと、ヤクザはマル暴刑事の顔をよく覚えているのです。このため、マル暴刑事は近くのマンションなどを借りて張り込むわけです。


マル暴刑事がひいきにしている鞄屋

そんなマル暴刑事の服装がヤクザ風になるのには理由があります。東京・浅草には、ヤクザ者とマル暴刑事がひいきにしている鞄屋が何軒か存在。マル暴刑事はそこに、どこの組の者が来たなどの情報を得るために出入りしているのです。

その際、客として革の鞄などを特注して、店主と関係を築いていかなければなりません。

「覆面パトカーでもマル暴刑事だとすぐバレる理由」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!