0

OPPO新旗艦スマホは芸術的な仕上がり? 6月19日、ルーブル美術館でFind X発表を告知

2018年6月14日 11時25分
日本市場への参入も果たしたOPPOが、次期フラッグシップスマートフォンFind Xを6月19日 20時45分、パリのルーブル美術館で発表します(日本時間で6月20日 3時45分)。

OPPOは過去に、FindシリーズとしてFind 5やFind 7などハイエンドなモデルをリリースしていましたが、2014年のFind 7を最後に途絶えていました。Find Xは4年ぶりのFindシリーズ復活となります。

関連記事:
Oppo Find 7発表。JDI製5.5インチ2560x1440液晶、5000万画素撮影対応のフラッグシップ (2014年3月)
すでに同社はイベントサイトやティザーサイトを公開しているほか、中国Weibo上でティザー画像をいくつも公開しています。

また、実機とされる画像や仕様なども流出しており、大まかながらそのハイエンドぶりが明らかになっています。

▲Weiboで公開された実機とされる画像

それらの情報によれば、SoCはSnapdragon 845でRAM8GB、ストレージは128GBと256GB。画面サイズは6.4インチで上部に切り欠き(ノッチ)がある全画面ディスプレイと予想されています。

背面カメラは20MP+16MPのデュアル構成。具体的な使い分け(広角+望遠など)は不明ながら、公開されているティザーから5倍の「ロスレスズーム」に対応するのではと考えられます。

▲OPPOがWeiboで公開しているティザーの一部

このロスレスズームは昨年のMWC 2017でOPPOが披露していた技術で、光学3倍ズーム、デジタルと合わせて5倍ズームを実現するというもの。

「OPPO新旗艦スマホは芸術的な仕上がり? 6月19日、ルーブル美術館でFind X発表を告知」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!