1

W杯会場に「スマホ持ち込むな」 米政府がハッキング被害警告

2018年6月14日 15時00分
ロシアで開催されるワールドカップを訪れるサッカーファンたちは、ハッキング被害に気をつけたほうがいいようだ──。米英のセキュリティの専門家らは、スマートフォン内部の個人データが、ロシア政府が雇ったハッカーに盗まれる可能性があると述べている。

「最も被害に遭いやすいのは企業の重役や政府の高官たちだ。しかし、一般の人たちも油断すべきではない」と、米国の国家防諜セキュリティセンター(NCSC)のWilliam Evaninaはロイターの取材に述べている。

スマートフォン無しで過ごせるならば、持ち込まないほうがいい。どうしても持って行きたいのなら、普段使用しているものとは別のデバイスを用意し、使用中以外はバッテリーを取り外しておくことを勧める」

一方で、英国のサイバーセキュリティ部門もイングランドチームが持ち込む端末のセキュリティを高める施策を行なっている。過去には英国の自転車競技選手のブラッドリー・ウィギンスやクリス・フルームらがハッカーの標的になり、個人情報を盗まれていた。

イギリスのサッカー連盟の関係者に対しても、個人の携帯端末を持ち込まないよう警告が行なわれている。

NCSCは観戦に訪れるファンたちに対し、万が一スマートフォンを盗まれた場合のデータの消去方法を確認しておくよう求めている。さらに、二段階認証などの方法でセキュリティを高めるように呼びかけている。

セキュリティ企業の「カスペルスキー」によると、特に危険なのは公衆Wi-Fiの使用だという。

「W杯会場に「スマホ持ち込むな」 米政府がハッキング被害警告」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    ハッカーもくそも、もはやOS自体が個人情報漁りのウィルス同然じゃねえかよ

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!