0

W杯会場は自宅の机?試合の動画を3Dに変換する技術の開発進む

2018年6月14日 11時30分

6月14日に開幕する2018 FIFAワールドカップ(W杯)。多くの人は、テレビ画面で試合中継を観戦するでしょう。

しかし、この観戦方法は、次回のW杯からは変わるかもしれません。ワシントン大学の研究者らは、ARを使って机の上などにピッチを再現、試合観戦ができるアルゴリズムを研究しています。

好きな角度からバーチャルピッチを観戦

研究者らが開発しているのは、2Dの試合場面を3Dに再構築する、機械学習のアルゴリズムです。3D映像の視聴には、マイクロソフトのHoloLensのようなAR/MRデバイスを利用します。この技術を使えば、自宅の机の上にバーチャルなピッチを創り出せるとのこと。視聴者は机の周りで、自分の好きな角度から観戦することができるのです。

(動画はこちら

残念ながらこの技術は、2018年のW杯には実用化が間に合いそうにありません。しかし未来のスポーツ観戦を変えるヒントになりそうです。

もちろん試合会場で直接観戦するのとは別物ですが、テレビで見るよりははるかに臨場感があります。そして、海外の会場に足を運ぶことに比べれば、ずっと安く体験できます。

必要なのはYouTube動画だけ

研究者の一人 Konstantinos Rematas氏は、「我々の目標は、スポーツ観戦の質を高めることです」と話しています。そして「この技術では、元の動画を3Dに変換し、ARで見られるようにします。重要な点として、試合が3Dで再現されるということです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「W杯会場は自宅の机?試合の動画を3Dに変換する技術の開発進む」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!