0

【レポート】世界展開を見据える台湾のVR/AR/MRスタートアップ(前編)

2018年6月14日 12時30分

VR/AR/MR産業は2022年までに10兆円市場になるとも予測されており、世界的に年々拡大しています。各国の事情を見ると、その規模と拡大の方法はさまざまです。現在は欧米主導でハードウェアやプラットフォームが登場していますが、2022年には市場規模の半分がアジア圏になるとの予測もあり、アジア各国の動向に注目したいところです。

今回、前後編2回に分けて取り上げるのは台湾のVR/AR/MR事情です。6月5日から台湾・台北で開催された展示会COMPUTEX 2018と同時開催されたスタートアップの展示会Innovexでは、入り口そばに「XR EXPRESS TW」という大きなパビリオンが出現。そこでは台湾にゆかりのある15のスタートアップが展示を行い、終日賑わっていました。

前編ではこの「XR EXPRESS TW」を中心にCOMPUTEXとInnovexでのスタートアップの展示を紹介します。

VR/ARの展示がほとんどないCOMPUTEX

台湾といえば、ViveでおなじみのHTCやStarVRへの投資やMRヘッドセットを販売しているAcer、VR用のバックパック型PCを販売しているMSI、Zotacなど世界に知られるハードウェアメーカーのイメージがあります。

ハードウェアメーカーを中心に大きめの企業が集まるのはCOMPUTEXの展示会場ですが、残念ながらVR/ARの展示は数少なく、その大半をゲーミングPC関連の展示が占めていました(HTCは未出展)。

「【レポート】世界展開を見据える台湾のVR/AR/MRスタートアップ(前編)」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!