0

第三者による大量の商標登録出願問題、法改正で対処される

2018年6月14日 15時16分

特定の個人や法人が大量に商標登録出願を行っていた問題が2016年より議論されていたが(過去記事)、2017年に特許庁が対策を行うことを発表したのに続いて新たに法改正が行われ、「もとの出願が手数料未納により却下されたときは、分割出願の出願日はもとの出願の出願日には遡及しない」という対策が盛り込まれた。

問題となっていた大量の商標登録出願については、出願後に出願手数料を支払わずに放置するという手口。今までは出願手数料を支払っていない場合でも、出願が却下されるまでは他の権利者が出願を行うことはできず、本来商標登録を希望する者による出願が妨げられる事態となっていた。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | YROセクション | 日本 | パテント

関連ストーリー:
特許を無効審判から保護するためにネイティブアメリカンの部族へ譲渡するという手法 2017年10月16日
米連邦最高裁判所、侮蔑的表現を含む商標の登録拒否は憲法違反とする控訴裁判所の判決を支持 2017年06月23日
特許庁、無関係の商標出願に対策。今後は先願の却下を待たずに審査 2017年06月22日
千葉県の地層由来の時代「チバニアン」、すでに商標登録されていた 2017年06月05日
大量の「商標出願登録」で話題のベストライセンス、今度は「PPAP」を商標出願 2017年01月26日
特許庁が「自らの商標を他人に商標登録出願されている皆様へ(ご注意)」なる注意喚起を出す 2016年05月17日

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「第三者による大量の商標登録出願問題、法改正で対処される」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!