0

悩める先パイたちにおくる、OJTトレーナーの心得 第9回 今年の新入社員の傾向とは? 仕事への期待度が過去最高に

2018年6月15日 07時00分
OJTトレーナーを務めるにあたり、大事になるのが新入社員の性格を把握することです。今回は、今年の新入社員の傾向について、アンケート調査の結果などを参考に読み解いていきます。今年の新入社員の傾向は一体どのようなものなのでしょうか。

○仕事に対して前向き

「2018年マイナビ新入社員意識調査」によると、今年の新入社員は仕事に対しては総じて前向きな傾向にあるようです。「仕事への期待がある("どちらかといえば"含む)」と答えたのは、なんと過去最高の74.1%。前年比で6.1pt増となりました。

また、「仕事を通じて叶えたい夢がある」と答えたのも前年比4.5pt増の71.8%となり、仕事に対して総じて前向きな姿勢であることがうかがえます。

この2問は、調査開始以来減少傾向にありましたが、今年は一転して上昇しています。売り手市場が進むなか、「拾ってもらったところに入社した」のではなく、「自分で入社先を選んだ」との自負が強く、その結果、仕事への期待やそれを通した夢を持つ新入社員が増えたのではないでしょうか。企業側からも内定辞退防止のための手厚いフォローがあり、社会に出るにあたり、期待が不安を上回る状況であると思われます。
○頭がよく飲み込みが早い一方で……

この世代には「頭がよく飲み込みが早い」という特徴があります。頭の回転が速いので、仕事も比較的すぐ覚えてくれます。その分、仕事の目的・意味をこれまで以上に伝えていくとよいでしょう。

「悩める先パイたちにおくる、OJTトレーナーの心得 第9回 今年の新入社員の傾向とは? 仕事への期待度が過去最高に」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!