0

家庭にLinux PCしかない家庭の娘がWindowsの存在に気付いたという話

2018年6月15日 06時00分

自宅のすべてのPCでOSとしてLinuxを使っている家庭の娘が、Windows向けのイラスト・マンガ製作ソフトであるCLIP STUDIO PAINTを使いたいという理由でWindowsの存在を認知したという話がはてな匿名ダイアリーに寄せられている。

この娘さんは中学2年生で今までLinuxに違和感は持っておらず、Windowsもデスクトップ環境の1つだと思っていたという。なお、この娘さんは「GUIが普通に使えて、Ctrl+Alt+Tでターミナル起動してtouchやmkdirやcpやmvを知っていてVimで設定ファイルの簡単な書き換えができる程度」のスキルがあるという。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | Linuxセクション | Linux | 教育 | Windows

関連ストーリー:
Linux財団のトップが「2017年はLinuxデスクトップの年だ」という発表をmacOSで行い炎上 2017年09月19日
Windows 7風のUIを持つLinux OS「中標麒麟V7.0」リリース、中国製CPU「龍芯3号」で動作 2017年03月29日

「家庭にLinux PCしかない家庭の娘がWindowsの存在に気付いたという話」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!