0

新幹線を使いこなす 第7回 新幹線の車内販売活用法! 元パーサーがワゴンの知られざる秘密を紹介

2018年6月25日 06時00分
「車内販売」は新幹線の旅のお供に欠かせない。そこで今回は、東海道新幹線の車内販売の便利な活用法を紹介したい。

○東海道新幹線で働くパーサーたち

筆者には、東海道新幹線で車内販売員をしていた経験がある。車内販売員は「アシスタントパーサー」や「パーサー」と呼ばれ、車内販売のみならず、グリーン車の改札業務や、車内巡回など様々な役割を担っている。日本の大動脈を移動する乗客の移動をより快適なものにするため、日々努力しているのだ。なお現在は、東海道新幹線の「こだま」での車内販売はなくなり、「のぞみ」「ひかり」のみのサービスとなっている。

そんな車内販売員が、楽々と押しているように見えるワゴンは、商品を満載した状態では、実は大人の体重ほどもある。車内販売は重労働なのである。
○気になるワゴンの中身は?

ワゴンには、乗客のニーズに応えるため、様々な商品が乗せられている。いったいどんなものが乗せられているのか、紹介しよう。

まず、駅弁やサンドイッチ類、おつまみやお酒類、ソフトドリンクだ。駅で弁当を買い忘れても、車内で購入することもできる。そして、お菓子やアイスクリームなどのスイーツ類は、ほっとひと息つく時間には欠かせない。ここまでは、お馴染みだと思うが、他にも乗せられている商品がある。

「そんなものまで?」と驚かれるのは、スマートフォンの充電器や雑誌など。車内にはコンセントはあるが、充電器そのものを忘れた場合に、とても便利である。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「新幹線を使いこなす 第7回 新幹線の車内販売活用法! 元パーサーがワゴンの知られざる秘密を紹介」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!