0

「ほぼ完全なバーチャル勤務を実現」急成長の米不動産企業に迫る

2018年7月12日 19時00分

今から約10年前に誕生した企業、eXp Realityは前代未聞のペースで急成長を続けています。この企業にはとある特徴があります――オフィスには一人も従業員がいません。eXp Realityの従業員は、その大半がバーチャルな世界で勤務しているのです。

株価は300%上昇、急成長の秘密とは?

2017年10月以来、eXp Realtyの株価は300%以上の伸びという急上昇を遂げています。その後同社は2018年に入ってから、7か月間で取引する不動産エージェント数を2倍近くまで増加させました。さらに2018年5月にナスダックで株式公開した際には、取引初日に時価総額10億ドル(約1,100億円)を記録。驚くべき急成長を見せています。

にわかには信じがたいことかもしれませんが、この急成長の大きな要因は同社の「オンライン・バーチャルワールド」の活用にあります。従業員や建築業者、不動産エージェントといった関係者は全員、バーチャルな世界で会議をし、教育や研修を受けているのです。

VRの世界が成長の源泉

eXp Realtyの事業は、建物の売買を仲介する、ごくごく伝統的な不動産業です。しかし、そのオフィスはVRの中にあります。本社登録や書類の保管のための場所をワシントンに、その他に物理的な住所が必要とされる場所にいくつかの土地を持っているほかは、ビジネス用のオフィスビル1棟すら所有していません。

同社のCTOであるScott Petronis氏は、メディアSingularity Hubの取材に対して次のように述べました。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「「ほぼ完全なバーチャル勤務を実現」急成長の米不動産企業に迫る」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!