0

リコー、360度画像を使った「VRホームステージング」サービス開始

2018年7月13日 18時30分

カメラやプリンターなどの製造を行う株式会社リコーは、360度の全天球画像をWebサイトに表示できるクラウドサービス「THETA 360.biz」の新サービスとして、「RICOH360 – VRステージング」を開始します。不動産物件の360度画像に、バーチャルな家具や小物を配置し、部屋のイメージをより具体的かつ魅力的に表示します。

THETA 360.biz」とは

THETA 360.biz」は 、リコーがビジネスユース向けに提供しているクラウドサービスです。顧客は全天球カメラ「RICOH THETA」で撮影した画像を、簡単にwebサイトに埋め込むことが可能。2014年10月の開始以降、不動産業、観光・宿泊業をはじめとして、様々な業種で活用されています。

2017年3月には、LIFE STYLE株式会社と共同でコンテンツの制作受託サービスを開始しました。またVRゴーグルで閲覧している360度の映像を、別のユーザーがパソコンなどで同時に閲覧できる「RICOH360 – VR Presenter」のサービスも始めています。

手軽にホームステージングを実現、集客や早期契約へ

今回新たに追加した「RICOH360 – VRステージング」は、実物の家具のようなリアリティを追求した仕上がりで、不動産の空室物件画像にバーチャルの家具や小物を配置。物件を検討するユーザーは、その部屋の具体的な活用イメージや、魅力的な空間イメージを360度で閲覧できます。これにより、不動産業者が集客の促進や物件の早期契約に繋げられるとしています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「リコー、360度画像を使った「VRホームステージング」サービス開始」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!