0

ARで自分だけの“空中水族館” ソニー協力のアートイベントが横浜で開催、今週末

2018年7月21日 19時00分

ソニー・デジタルエンタテインメント・サービスが協力した、ARを使ったアートワークショップが横浜で開催されます。大きな海を描いたり、空間に絵が浮かぶAR体験をすることができます。

空中に自分だけの海を作ろう

ワークショップタイトルは「空中に絵が描ける!? 巨大透明板に海を描こう!~巨大な透明板に絵を描いたり、AR(拡張現実)体験もできるよ~」。7月21日(土)から7月22日(日)まで、「海洋都市横浜うみ博2018」内での開催です。

アートワークショップでは、12メートルの巨大な透明板にペンや画用紙を使って絵を描き、大きな海を作れます。また、空間に絵が浮かんで見えるAR体験も実施します。
ソニー・デジタルエンタテインメント・サービスはこのイベントに、スマートフォン向けARアプリWonder Door」を特別仕様で提供しています。

「Wonder Door」は、空間に絵を描いたり、ARアートを表示してその中を歩いたりできるiOS向け無料アプリです。スマートフォンで絵を描き、好きな場所にアートを配置して楽しむことができます。ダウンロードはこちらから。

イベント概要

イベント名

海洋都市横浜うみ博2018~見て、触れて、感じる 海と日本PROJECT~内
「空中に絵が描ける!?巨大透明板に海を描こう!~巨大な透明板に絵を描いたり、AR(拡張現実)体験もできるよ~」

開催日時

2018年7月21日(土)~ 7月22日(日)10時~17時

会場

大さん橋ホール(神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4、大さん橋国際客船ターミナル内)

企画

学校法人トキワ松学園 横浜美術大学

協力

株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

ウェブサイト

http://umihaku.jp/

(参考)株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービスプレスリリースソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「ARで自分だけの“空中水族館” ソニー協力のアートイベントが横浜で開催、今週末」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!