0

Magic Leap One、相次ぐ米メディア体験レビューまとめ

2018年8月9日 19時30分

8月8日から公式サイトでの販売を開始した、Magic Leap社のMRデバイスMagic Leap Oneの開発者版。一足先にデバイスのデモを体験した、米国の複数メディアの感想を紹介します。

視野角が狭い点への不満や期待ほどではないという感想の一方、最高のARデバイスという声も上がっています。

MIT Technology Review

画像ははっきりし、色鮮やかでした。そして時には、様々な奥行きのデジタルイメージを、同時に見ることもできました。(中略)Magic Leap Oneは、恐らく現時点で最高のARヘッドセットと言えるでしょう。(中略)レンズには色がついているので、装着すると室内でサングラスをつけているような感じがしました。(中略)デモ体験は楽しく、印象的なビジュアルでしたが、驚くような内容はありませんでした。(中略)デバイスは、さらに小型に改良の余地があると思います。
MIT Technology Review

The Verge

50度というMagic Leap Oneの視野角は、競合するマイクロソフトのHoloLensよりは広いものの、まだ非常に狭いです。画像の質は、だいたい2年目のHoloLensと同程度でしょう。総じて良い製品ですが、トラッキングと透過性にはいくつか問題点があります。
The Verge

Wired

私は(Magic Leap社CEOの) Abovitz氏の机の前に立ち、恐竜が首を伸ばしている様子や、実際の人がアニメキャラクターの後ろを通る際、完全に陰に隠れている様子を見ることができました。

「Magic Leap One、相次ぐ米メディア体験レビューまとめ」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!