3

「死を呼ぶ身近な危険」あの弁護士大量懲戒請求事件が全国放送でお茶の間に届けられることに

2018年8月10日 21時00分

一部ネット民によって引き起こされた空前の弁護士大量懲戒請求事件がお茶の間を震撼させることになりました。詳細は以下から。

今年4月頃からネット上では大きな衝撃をもって迎えられた弁護士大量懲戒請求事件が8月14日の日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース」の「死を呼ぶ身近な危険2時間スペシャル」で取り上げられることになりました。
◆弁護士大量懲戒請求事件とは?
弁護士大量懲戒請求事件とは、2017年6月15日に東京弁護士会の理事者をはじめ10名に対し190名から懲戒請求が送りつけられたことを発端として始まった弁護士らへの極めて大量の懲戒請求が送付された事件。
標的となったのは、主に文部科学省が朝鮮学校に対する補助金交付を再検討するよう地方自治体に求めたことについて、会長声明などで反対の意思表示をした21弁護士会の弁護士ら。
しかし、特にこのような国籍での差別やヘイトスピーチに関わる活動をしてこなかった弁護士に対しても、ツイッター上での発言などを理由に1000通近い懲戒請求が送られるケースまで発生しました。この前代未聞の事件に弁護士らが反撃し、順次提訴を開始したというのが現状となります。
こうした大量の懲戒請求が行われた背景には、煽動した極右ブログ「余命三年時事日記」の存在があります。このブログは一部ネット民に対して大きな影響力を持ち、現在はヘイト出版社と化した青林堂からも複数の書籍を刊行しています。
なお、より詳しい経緯はジャーナリストの江川紹子氏の記事「歪んだ正義感はなぜ生まれたのか…弁護士への大量懲戒請求にみる“カルト性”」などで解説されており、大量懲戒請求を受けた2名の弁護士の記者会見の動画でも知ることができます。

「「死を呼ぶ身近な危険」あの弁護士大量懲戒請求事件が全国放送でお茶の間に届けられることに」のコメント一覧 3

  • 匿名さん 通報

    ばかヴヨクが夏のゴ〇ブ〇のように湧いて出て一網打尽にされやがった。

    5
  • 匿名さん 通報

    フェイクサイトのアホに踊らされて自分からゴキブリホイホイに入り込んだっていう衆愚の話かいw?

    5
  • 匿名さん 通報

    プロ野球選手に野球で挑む プロサッカー選手に  プロのバイオリン奏者に etc. 普通やらないよな

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!