0

フェイスブック「メッセンジャー」で顔認識ゲーム 最大6人対応

2018年8月10日 11時30分

フェイスブックはチャットアプリ「Messenger(メッセンジャー)」のビデオチャットに、新しく顔認識を活用したARゲーム機能を追加しました。最大6人まで同時に、ビデオで会話しながらゲームを楽しむことができます。

ゲームは現在2種類、今後追加予定

ゲームは現在2種類です。誰が笑わずにいられるかを競う、にらめっこのような”Don’t Smile”、宇宙船を操作する”Asteroids Attack”がプレイできます。

また今後、ビーチボールゲームの”Beach Bump”、猫を合わせるゲーム”Kitten Kraze”といった新しいタイトルも追加予定です。

ARゲームをプレイするには、まずMessengerを最新のバージョンにアップデートします。既存のトーク画面を開くか、新しくチャットするメンバーを選んで画面右上のビデオアイコンをタップ。そしてスターボタンをタップし、プレイしたいARゲームを選ぶだけです。
チャット相手はゲームが開始された通知を受け取り、一緒にゲームに参加できます。

https://www.facebook.com/messenger/videos/2086147668171569/

さらなる利用者増を期待

昨年Messengerのビデオ通話が利用された回数は170億回以上、前年の2倍の数だということです。フェイスブックはこのゲームを通じて、ユーザーが更にチャット機能を利用し、会話を楽しむことを期待しています。

ビデオ通話で顔認識を使ったゲームに関してはすでにLINEが「Face Play」という名称で実装を行っています。

フェイスブックはMessengerで360度写真を送付する機能やAR広告など、SNSでのAR/VR導入も積極的に進めています。

(参考)Facebook Newsroom

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「フェイスブック「メッセンジャー」で顔認識ゲーム 最大6人対応」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!