0

VRで“二人羽織”、遠隔作業支援ロボット 東大・慶応大開発

2018年8月10日 17時00分

東京大学と慶應義塾大学は、科学技術振興機構(JST)などの支援を受け、複数人での動作や技能共有のための遠隔共同作業システム「Fusion(フュージョン)」を開発しました。ロボットヘッドとロボットアームを搭載し、ロボットアームの装着者とVRヘッドセットを使用してロボットアームなどを遠隔操作する2名で、「二人羽織」のような共同作業を可能とします。従来のテレイグジスタンスやMRデバイス技術だけでは難しかった、視点共有を伴った共同作業を実現しています。

共同作業に必須の身体的なコミュニケーション

共同作業を通じた技能や知識の伝達においては、身体的な情報と紐づいたコミュニケーションが重要な役割を果たします。その際には「他人の視点になること」や「言葉に加え、ボディランゲージなど身体的なやり取り」、そして「学習者の手を引くなどの誘導」といった動作が発生します。しかし、互いが離れた場所にいる場合はこれらの情報が乏しくなるため、コミュニケーションや共同作業は難しくなります。

この研究では上記の問題を解決するために、離れた他者の「視点を共有する」ことに着目。身体を動かす度合いに応じて、Directed(直接的な共同作業)、Enforced(動きの指示)、Induced(動きの誘導)の3つの状況を想定した遠隔共同作業システム「Fusion」を開発しました。

視点を共有し、遠隔共同作業

本システムは、二人羽織のようなウェアラブルロボットシステムによって身体的な情報を伴ったコミュニケーションを生み出し、操作者と装着者はほぼ同一の視点から見ている空間を共有します。

「VRで“二人羽織”、遠隔作業支援ロボット 東大・慶応大開発」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!