0

データで見るVR/AR産業の現状 法人向けの活用に期待集まる

2018年8月10日 17時52分

VR/AR/MR(XR)に関するイベントサービスを運営するVR Intelligenceと市場調査企業SuperDataは、XR産業に関するレポート「XR Industry Survey 2018」を公表しました。
デベロッパー、エンドユーザー、アナリストら業界の専門家595名にアンケートを行ったもので、特にエンタープライズ分野での普及の鍵を見つける上で、興味深い結果を示しています。

成長分野過去12ヶ月間で成長している分野

過去12ヶ月間の成長について、VR/AR、コンシューマー向け/エンタープライズ向けで4つに分けて質問しました。他の調査と同様、コンシューマー向けに比較してエンタープライズ向けが成長しているという結果となりました。またコンシューマー向けVRは、デバイスの普及の遅れもあるのか、最も期待に比して伸びていないとの回答となりました。


(分野別過去12ヶ月の成長、エンタープライズ向けが堅調に成長)

今後12ヶ月で優先する分野

今後12ヶ月でどの分野を優先するかという質問も、この成長を反映した回答となりました。エンタープライズ向けへの優先度が高いことが、顕著に見て取られます。一方コンシューマー向けについては、市場の拡大のためには投資が先か、成長が先か、という状況に陥っているとも考えられます。


(分野別今後12ヶ月間の優先度、エンタープライズ向けの優先度が高い)

今後注力する産業

今後注力する産業については、ゲームと並んで教育がトップであることが特徴的です。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「データで見るVR/AR産業の現状 法人向けの活用に期待集まる」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!