0

アクションカメラ「GoPro」廉価版ならこの1台

2018年8月11日 07時05分

中華モデルの安物攻勢の追撃を前に、一時は業績を落としていたアクションカメラの先駆者「GoPro」。しかし、HERO5やHERO6と高性能なモデルを投入することで最強アクションカメラの立場を明確化。業務用途であればGoPro一択となっています。そんなGoProの廉価版なら「ThiEYE」で決まりです。


趣味用途なら中華アクションカメラ

絶対王者はGoProですが、趣味用途なら半額以下で購入できる中華アクションカメラという選択肢もあるでしょう。現在、中華モデルはハイエンド機が2万円台後半から3万円台に高騰中。それならばもうちょっと頑張ってGoProを購入すべきです。

その意味でアクションカメラの中華モデルの狙い目は、15,000円前後のミドルクラス。中でも、ThiEYEの「T5e」は高コストパフォーマンスの優秀モデルです。中華アクションカメラの中では、低価格の割に圧倒的な画質を実現しています。

ThiEYEは国内流通が弱く、GearBestなどの海外通販などが主な販路。最近では1万円代後半とやや高価ながら、国内輸入業者により入手が容易となってきました。

ThiEYEの動画解像度は3840×2160ドット(30fps/MP4形式)、液晶画面は2インチのディスプレイです。電源は内蔵充電池。サイズ/重さは40W×30H×60Dmm/58gとなっています。


中華アクションカメラのライバル機

一方の本家GoProのHERO6は、本体防水やタッチパネルなどを実現したHERO5の基本性能をさらに向上させたフラッグシップモデル。

「アクションカメラ「GoPro」廉価版ならこの1台」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!