0

魚を使用しない植物性の「ツナ」は海洋魚を救うか

2018年8月11日 13時32分
植物性原料のみで缶詰のツナとそっくりの食感や味を再現する「Fish-Free Tuna」を米スタートアップ企業Good Catch Foodが開発し、12月の発売を計画しているそうだ(FOODBEASTの記事Fast Companyの記事)。

Fish-Free Tunaの主原料は遺伝子組み換えでない6種の豆(ヒヨコマメ・ダイズ・エンドウマメ・レンズマメ・ソラマメ・白インゲンマメ)と藻類油だ。缶詰のツナのような食感は豆のプロプライエタリな配合で実現。藻類油はシーフードらしい風味を加えるだけでなく、魚の重要な栄養素オメガ3脂肪酸の供給源にもなるという。

国連食糧農業機関の推定によると、漁業により維持可能な最大量または、それを上回る量が捕獲されている海洋魚の品種は85%にのぼる。同社は豆を使用した持続可能なツナ代替食品により、魚を絶滅から救うことを目指すという。

設立者のChris Kerr氏は当初、既存の植物性シーフード企業に投資するつもりでいたそうだ。しかし、適当な会社が見つからなかったため、自分たちで開発することにしたとのこと。

同社ではこのほか、植物性のクラブケーキやフィッシュバーガーパティもラインアップしている。米国では植物性人工肉バーガー「Impossible Burger」が話題になっているが、Fish-Free Tunaはそのシーフード版になると期待されているようだ。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | idleセクション | 地球 | サイエンス | idle

関連ストーリー:
コオロギを食べると腸内環境が改善したとの研究結果 2018年08月05日
牛肉そっくりの味で赤い肉汁も出る植物性人工肉バーガー、米食品医薬品局が重要成分の安全性を認定 2018年07月28日
英KFC、鶏肉を使用しないフライドチキンのテストを計画 2018年06月09日
昆虫や微細藻類を使用した「未来のファーストフード」 2018年03月24日
牛肉そっくりの味で赤い肉汁も出る植物性人工肉バーガー、米食品医薬品局は安全性を認定できないとコメント 2017年08月11日
人工培養肉、昆虫、海藻、「明日のミートボール」とは 2015年12月13日
オレゴン州立大学、焼くとベーコンの味になる海藻を開発 2015年07月19日
ビル・ゲイツやTwitter創設者ら、本当に「鶏肉みたいな味」の肉代用食品に投資 2014年04月29日
食糧問題を解決する鍵は「昆虫」と「人工肉」 2012年08月08日
卵白の代わりに使える植物性の液体「aquafaba」とは? 2018年08月14日

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「魚を使用しない植物性の「ツナ」は海洋魚を救うか」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!