0

レイトレーシングの先駆者が明かす、グローバルイルミネーションに巡り会うまでの経緯

2018年8月12日 12時00分

(※本記事は、2018年8月1日に、NVIDIA社公式ブログに掲載されたJ.Turner Whitted氏の記事を許可を得て転載したものです)

みなさんはレイトレーシングのことを聞いたことがないかもしれませんが、見たことはあるはずです。このグラフィックスレンダリング技術は、現実世界での光の働きを模倣するもので、ほぼすべての近代映画において、特殊効果を織り込む手法として採用されています。

NVIDIAでは RTX リアルタイム レイトレーシング技術を通じて、この洗練された手法をより速く、より簡単に利用できるようにし、映画のような品質をゲームや製品デザインの分野でも実現可能にする取り組みを推進しています(Mogura VRの参考記事はこちら)。

今、NVIDIAでは、この技術の先駆者の1人であるJ. Turner Whitted氏が知る、レイトレーシングの発展に関する数多くストーリーを共有したいと考えています。現在NVIDIA Researchに所属するWhitted氏は、現代のレイトレース法コンピュータグラフィックスの基礎を築いたと高く評価されている論文「An Improved Illumination Model for Shaded Display」の執筆者です。

レイトレーシングとグローバル イルミネーション

みなさんの多くが高校の物理で習ったように、レイトレーシングという考えは何世紀も前からありましたが、コンピュータグラフィックスのグローバルイルミネーションの歴史は、比較的浅いものです。

Henri GouraudやBui Tuong Phongらが提唱した初期のコンピュータグラフィックスのシェーディングモデルでは、光源と表面のある点との空間関係にもとづいて反射が計算されていました。

「レイトレーシングの先駆者が明かす、グローバルイルミネーションに巡り会うまでの経緯」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!