0

美のスペシャリストが伝授するビジネスマナーの極意 第15回 お盆にまつわるマナー

2018年8月13日 08時00分
暑さが厳しい季節になりました。夏バテや熱中症などになっていませんでしょうか。暑さ対策を忘れずに体調に気を付けてお過ごしください。

さて今回はお盆にまつわるマナーをお伝えしていきたいと思います。夏休みやお盆休みがあり実家や地元に帰省する、身内で新盆があるなどのご予定がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな時にお役に立てればと思いますのでご一読ください。

○そもそもお盆とは……?

8月13日からの4日間を「盆」、「お盆」と言います。東京都内や一部地域によっては7月13日から4日間を指すこともあります。お盆というのは亡くなられた方の供養のための日です。霊になった故人が住んでいた所へ帰るとされ、その霊を迎えて供養する習わしだそうです。その土地によって供養の仕方は様々です。お墓の掃除やお参りなどが普段できない方はお盆の時期に行ってみてはいかがでしょうか。
○新盆について

故人が四十九日を過ぎて初めて迎えるお盆のことを「新盆」と言います。ちなみに四十九日が過ぎていない場合は新盆とは言いませんので気を付けましょう。

新盆は人を招くなどして供養することが一般的です。僧侶を呼び供養を行うお宅もあるでしょう。僧侶をお呼びした家では「お布施」や「お車代」をお渡しすることが通例とされていますのでそちらも気を付けましょう。
○供花について

お供え用の花を仏花と言います。ブーケなどの華やかなものと違い、主に菊などが入って構成されています。

「美のスペシャリストが伝授するビジネスマナーの極意 第15回 お盆にまつわるマナー」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!