0

先週のサイバー事件簿 - 佐川急便の不在通知(偽)に大きな危険が

2018年8月13日 07時00分
8月6日週にかけて発生したセキュリティに関する出来事や、サイバー事件をダイジェストでお届け。

○佐川急便を騙るフィッシングメール

8月10日の時点で、佐川急便の不在通知を騙るフィッシングメールが確認されている。佐川急便からの不在通知を装ったメールやショートメッセージ(SMS)を送信し、携帯電話番号と認証コードの窃取を目的としたサイトへ誘導しようとする。件名は「差出人:佐川≪急≫NEW」「通知 ※ショートメールで届きます」など。

件名や本文のバリエーションが多いことも特徴で、通信販売で何かを買ったときなど、自分宛てに届く荷物に心当たりがあるときは特に注意したい。誘導先のフィッシングサイトも稼働と停止を繰り返す可能性が高いため、メール内のURLはクリック/タップしないといった自衛を心がけよう。

また、類似した内容で不正アプリのインストールを誘導するサイトなども確認されているので、併せて注意すること。
○拡張子「.iqy」のファイルが添付されたメールに注意

トレンドマイクロのセキュリティブログによると、日本語で書かれたスパムメールに、拡張子「.iqy」のファイルが添付されている事例が確認されている。メール数は8月に入ってから増加傾向にあり、スパムメールの件名は「ご確認ください」、「写真添付」、「写真送付の件」、「請求・支払いデータ」など、複数のパターンが存在するという。

添付ファイル名は『「8月」+「数字列」.iqy』となっている。

「先週のサイバー事件簿 - 佐川急便の不在通知(偽)に大きな危険が」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!