2

マニアから熱狂的に支持される超望遠カメラとは

2018年8月18日 12時05分

3年前のモデルながら、今なお一部のマニアから熱狂的に支持されているのがニコンの「COOLPIX P900」です。その理由は光学83倍という驚異的なズーム機能。デジタルズームも併用すれば最大166倍にまで到達する超望遠カメラです。月をも撮れる超望遠カメラでどれだけズームできるか検証してみました。


超望遠カメラながら控えめなレンズ

COOLPIX P900のズーム機能は35mm換算にするとなんと4000mm相当。数字だけを聞くと、バズーカのようなレンズを想像するかもしれませんが、P900は意外にコンパクトです。一般的な2000mmのレンズは超ロングなため三脚は必須になります。

それに比べると、P900は超望遠カメラながらかなり控えめなレンズ。本体も小さく軽いため、まさか200m以上先の被写体を狙えてしまうとは誰も思いません。被写体はもちろんのこと、周囲の人にも知られずに遠方から撮影できます。

それでいて6万円を切る価格は魅力的です。実際に超望遠カメラで撮影してみると、橋の上を歩いている女性までの距離はおよそ200mもありましたが、表情まではっきりと捕らえられました。


超望遠カメラでクレーンをズーム

このほか、ビルの建設現場に設置されているクレーンを超望遠カメラで撮影してみました。クレーンの釣り鐘にズームしてみると、そこに記載されている文字がはっきりと読めるほどです。

さらには、ビルの窓から通りの向かいにあるコンビニ店内を撮影。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「マニアから熱狂的に支持される超望遠カメラとは」のコメント一覧 2

  • 匿名さん 通報

    ズームってイヤらしいことしか思いつかないんですけど。

    0
  • 匿名さん 通報

    コミケのレイヤーさんの特定部分をドアップで撮影する好ましくないカメコがこの夏もいましたね。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!