0

鑑識と科捜研で違っている警察の科学捜査の役割

2018年8月20日 17時05分

現代の事件捜査で欠かせないのが科学捜査。警察の科学捜査は、人間の思惑が介入しない中立の立場として事件解決に大いに役立っています。科学捜査と聞くとDNA鑑定などが思い浮かびますが、指紋鑑定も立派な科学捜査です。鑑識と科学捜査研究所で違っている警察の科学捜査の役割分担を見ていきます。


鑑識と科捜研で科学捜査の役割が違う

警察の科学捜査の種類はさまざまあります。映画やドラマで度々登場する指紋鑑定やDNA解析は、科学捜査の王道ともいえる存在。指紋もDNA解析も一生変わることのない、不変的なものであるため、個人の識別が可能となるのです。

殺人現場では、血痕からも大きな手がかりが得られます。現場に残された血の形状によって、どんな凶器が使われたのか、どのようなケガを負ったのかなど、犯行状況の大きな手がかりになるのです。

警察の科学捜査で変わったところでいうと、交通事故や火災の鑑定。交通事故は路上にできたタイヤ痕やオイル痕、車両の傷などから衝突速度や加害車両の特定が可能です。放火の疑いがある火災鑑定では、ガソリンやシンナーなどの燃焼促進剤が現場に残った壁や木材などから検出されるかを調べていきます。

そんな警察の科学捜査では、鑑識と科捜研で役割が違っています。科学捜査の役割分担としては、指紋や足跡の鑑定、交通鑑識などが鑑識。DNA解析、音声解析、血液型判定、筆跡鑑定、銃器、爆発物、火災などが科捜研です。


鑑識の代表的な科学捜査が指紋鑑定

ちなみに、鑑識の代表的な科学捜査となる指紋鑑定は、指紋をまずスキャナーやカメラで撮影してPCに画像として取り込みます。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「鑑識と科捜研で違っている警察の科学捜査の役割」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!