0

「Mac mini」4年ぶりに今秋登場か──Bloomberg予測

2018年8月21日 06時44分

現行のMac mini

[拡大写真]

 米Appleが約4年ぶりに「Mac mini」の新モデルを年内に発表すると、米Bloombergのマーク・ガーマン記者とデビー・ウー記者が8月20日(現地時間)、この件に詳しい情報筋の話として報じた。

 現行のMac miniが発売されたのは2014年10月。ティム・クックCEOは2017年10月、「まだ詳細を明かす時ではないが、Mac miniを今後、Appleの製品ラインアップの重要なパートにする計画だ」と語っていた。

 ディスプレイもキーボードも付かない安価なMac miniは、開発者などのハイエンドユーザーの間で、ホームメディアセンターやサーバファームマネージャー用途で人気があるという。

 新モデルはこうしたニーズに合わせ、ストレージとプロセッサをアップグレードできるオプションがあると情報筋は語った。

 Bloombergはまた、MacBook Airの後継モデルとされるMacBook (13-inch, 2018) について、これまでのうわさに加え、ベゼルが狭く(画面占有率が高く)なるとしている。現行の「MacBook Air」と併売するという。

 なお、「Mac Pro」については4月、Appleの幹部が「2019年の製品になる」と語っている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「「Mac mini」4年ぶりに今秋登場か──Bloomberg予測」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!