0

Bose、睡眠専用のワイヤレス耳栓 Sleepbuds 発売。いびきや不快音を内蔵ヒーリング音でマスク

2018年9月6日 21時58分
オーディオ機器の老舗 Boseが、「快適に眠るためのワイヤレス耳栓」を名乗る新発想の製品 Noise-Masking sleepbuds (スリープバズ)を国内で発売しました。

BoseといえばアクティブノイズキャンセルヘッドホンのQuietComfort (QC) が乗り物などの騒音対策に人気ですが、sleepbuds はノイズキャンセリングではなく「ノイズマスキング」を採用する製品。

いびきや近隣の話し声、通過する自動車など入眠を妨げる物音に対して、波やせせらぎ、焚き火、風にそよぐ木の葉の音など特別にチューニングした環境音を重ねることで、「聞こえても意識に上らない」状態を作り、快適な入眠を助けるとうたいます。

イヤホン本体は1cmにも満たない超小型で、横向きに寝ても耳に突き刺さらず寝返りがうてる形状。遮音イヤーチップも柔らかく、耳の奥まで差し込まないので装着感が軽く、着けたまま眠りやすいことも特徴です。

音楽再生機能なし。新発想の「ヒーリングサウンド」専用耳栓
新しいカテゴリの製品なので「そもそも何なのか」をもう少し説明すると、「ケーブルのない完全ワイヤレスで、内蔵のノイズマスキング環境音だけが流せる超小型イヤホン、または遮音耳栓」。

スマートフォンアプリとBluetooth接続で連携しますが、外部音源を聴くワイヤレスイヤホンとしての機能はありません。

では何のためにスマホに接続するかといえば、ノイズマスキング環境音(ヒーリングサウンド)の選択、ボリュームやオフタイマーの設定、着けていても起きられるアラーム設定など。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「Bose、睡眠専用のワイヤレス耳栓 Sleepbuds 発売。いびきや不快音を内蔵ヒーリング音でマスク」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!