3

速報:iPhone XSとXS Max発表。5.8型と6.5型OLED版モデルは処理速度と防水性能向上

2018年9月13日 02時50分
『Gather Round.』アップルスペシャルイベントより。噂されていたiPhone Xの改良型がついに発表されました。5.8インチ版のモデル名は『iPhone XS』となりました。焦点だった発音は「テンエス」となります。さらに6.5インチモデル『iPhone XS Max』(テンエス マックス)も同時発表となりました。

両モデルとも、カラーバリエーションはシルバーとスペースグレイ、そしてウワサのゴールド。ストレージ容量は、64GBと128GB、そして新設された512GB(前世代は256GB)の3種類です。

日本での予約開始は9月14日の16時01分から、発売(出荷)は9月21日。
アップル直販一括価格は、XSの64GB版が11万2800円、256GB版が12万9800円、512GB版が15万2800円(それぞれ税別)。
XS Maxは64GB版が12万4800円、256GB版が14万1800円、512GB版が16万4800円(同)となります。
米国ではXSが999ドルから、XS Maxが1099ドルからという設定です。

本体サイズと重量は、注目のXS Maxが縦長状態で77.4×157.5×7.7mm(幅×高さ×厚さ)/208g。iPhone 8 Plusが78.1×158.4×7.5mm/202gなので、サイズ感は(やはり)ほぼ8 Plusと同等。

「速報:iPhone XSとXS Max発表。5.8型と6.5型OLED版モデルは処理速度と防水性能向上」のコメント一覧 3

  • 匿名さん 通報

    無理して新製品出さなくてもいいのにね。衝撃的な変化が無いから新鮮味に欠けて、売り上げもそんなに伸びないだろ。

    2
  • 匿名さん 通報

    名称が9と11?になれば判りやすいから…スマホ早いとこ電話機能削除してくれよ(大笑)…8+だしオイラ買い換えは3年後です…

    1
  • 匿名さん 通報

    何の魅力も感じないモデルチェンジなのに価格高すぎる。画面も縦長すぎるし。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!